エサレンの特徴2~ロッキング



エサレンの特徴を語る。

第2回の今日は、ロッキングです。



ロッキングとは、"rocking"

ロッキングチェア(揺り椅子)の

ロッキングと同じ意味。

つまり、揺らしの事です。



エサレン研究所の初期の頃、

当時の最先端のボディワーカーが

ビッグサーに集まっていました。



ロルフィングのアイダ・ロルフ

フェルデンクライス・メソッドの

モーシェ・フェルデンクライス

トレガーアプローチのミルトン・トレガーなど



それぞれ、エサレン®️ボディワークに

影響を与えていますが

ロッキングの部分は

トレガーアプローチから、きています。



ロッキングの名の通り、

揺らす事で関節を緩めたり、

本来の動きを思い出す

サポートするイメージです。



身体全体を揺らしたり、

腕や脚を揺らしたり、

関節を揺らしたり、する事で

力が入っていたんだという事に気づいて

脱力したり、本来の動きを思い出したり

受け手自らが自分を感じる手助けになります。



エサレン®️ボディワークのセッションでも

このロッキングは、よく使われます。

関節を揺らしていると、

フッと力が抜ける瞬間がよく分かります。

また全身を揺らすと、

水の上を漂ってるような、

浮遊感を与えてくれます。



エサレン®️ボディワークにとって

無くてはならない、

大事な要素の一つです♫