エサレンとの出会い



前回、私が


アロマに出会うまでを書きましたが


今度はエサレンに出会うまでを…
 


AEAJのアロマ検定1級を合格して、

アドバイザー講習を受けて

アロマテラピー・アドバイザーと

なったのが2006年9月
 


さらなる上級資格は

アロマテラピー・インストラクターと

アロマセラピストがありますが

とりあえずインストラクターを目指して

勉強をし始めました。

当時は、筆記の2次試験を受けることで

スクールに行かずに受験する事が

可能だったのです。



ただマークシート選択式の問題とは違い

筆記問題や小論文もある

2次試験は、かなりの難易度で

何度か落ちるのが普通と聞いていました。



私も落ちるのを覚悟で

とりあえず受けてみようと受験を決め、

直前はかなり勉強してました〜

試験当日、午前中の1次試験は楽勝で

「これなら午後もいけるかも〜」

なんて軽い気持ちでいたら

2次試験の問題が配られた瞬間、

頭が真っ白に😱 何これ⁉️

とりあえず出来る問題からやっていくと

徐々に落ち着きを取り戻し、

何とか試験を終えましたが、

これは落ちたな💦という感じでした。



ところが…しばらくして

送られてきた通知は、なんと合格✨

割と得意なジャンルの問題が出てくれて

ラッキーな感じもありましたが、

とりあえず、AEAJの

アロマテラピーインストラクターを取得。
 


当初はアロマセラピストを取ることは

考えて無かったんですが

仕事で着衣でのボディケアをしていて

さらにその延長として

アロマトリートメントは主に

皮膚表層に働きかけますが

着衣でのボディケアのように

深部の筋層にも働きかければ、

より良いんではないか?

身体的にも精神的にも癒やされるんではないか?

と考えて勉強することにしました。
 


ということでAEAJのアロマセラピストを

目指すことになったのですが

男が通えるスクールが都内にほとんど無く

学科だけは当時住んでいた、

近所の表参道の生活の木で。
 
実技は隣の千葉県まで通って修了し

(ちょうど同時期にもう1人男性の希望者がいて

相モデルで勉強する事が出来た)

30症例のカルテ審査も終えて

無事にAEAJのアロマセラピストになりました♫


 
そんな考え方で深部の筋層にもアプローチする

アロマトリートメントを行っていましたが

ある時、たまたま

Youtubeでエサレンの動画を見たのです。


 
一応、エサレンの名前は聞いたことがあって

ロングストロークが特徴だという程度には

知っていましたが、

エサレンボディワークを動画で見て

表層から深部までアプローチする感じや

関節を動かしたり、伸ばしたり

その辺りに共通点を感じ、

私のストロークもかなりスローなので

自分のリズムに近いな~と感じたのもあって

その動画で行われている施術は

とても心地よさそうに感じました。
 


さらに私自身、

当時は坐骨神経痛がひどくて

脚からお尻の筋肉に

常にダルさを抱えていたので

ショーツなどで区切られることなく

脚~臀部の筋肉にも

しっかりアプローチするのも

すごくイイな~と感じました。
 


そんな時にたまたま、

エサレンアプローチの1日講習ってのを

見つけて参加しました。
 
それが7年前…

エサレンとの初遭遇でした~


 
つづく