お客さまの声



先週、私のエサレン・セッションを

受けて下さった方から

感想を頂きました〜😊



鍼灸師であり、

ヨガ・ティーチャーでもある

亀田えり子さんからです♫



ありがとうございます💖




【童心にかえれる時間】


優しく、丁寧に触れてもらう。

大切に、でも深くまで。

ココロとカラダが心地よくひとつになる。



深いつながり、一体感。



何を感じても大丈夫という安心感。

優しく包み込まれる幸せ。



大人になってから、こんなに安心出来る時間は他にない。



否定されることも、ジャッジされることもなく、ただ受け入れられてる。



触れて欲しいところに手がくる。

ここだろ?って押し付けがましい感じじゃなくて、スッとくる。




そう、そう、そうなの。

思わず、ジーンとなる。



なんかもうね、自分を全部さらけ出しても大丈夫なのです。



涙が溢れてきても、鼻水が滴っても、

そっとティッシュが差し出されるから大丈夫(^_−)−☆



小さな子供のように、ただ感じるままに。



自分の存在を深いレベルで肯定された感じがするから、

何をやっても大丈夫なのだと思うのです。



終了後、ゆっくり寝ている時間がとっても幸せ。

休日に二度寝して、別に起きなくてもいいけど、

起きようかどうしようか、ゴロゴロしているみたい。



それもね、「ここから出たくない」じゃなくて、

「出たら今日は何をしよう?」と、ワクワクしているのです。



子供の頃のような気分。

何もないのに、嬉しくてニヤニヤする。

そのうち自作の鼻歌でも歌いそうだ。(歌ってたかな?)



可愛いバスケットにサンドイッチとリンゴを詰めて、

森にピクニックに行ってしまいそうなのです。

(ピンクハウスみたいな服着て☆)



そういえば4〜5歳の頃、

手作りの猫型リュックにかつお節のパックとおやつをつめて、

ノラ猫と友達になる旅に出てたな。。そんな感じ。



それってかなりわかりやすく、

童心にかえれるってことなのです。

他のエサレンジャーのセッション後、

ポニョに変身して走りまわったことがある^^;



ほんとうに小さな頃は、自分の好きなことだけで、

毎日がいっぱいだった。

小さなアタマとカラダで

やりたいことだけやって、一日が終わった。

大人になると、やらなきゃいけないことが増えて、

やりきれずに一日が終わってしまうことも多い。



スマホやパソコンを使い続ける生活。

明らかな情報過多。

真夜中でも、暗くなることのない街。



ただ生きているだけで、

生物的にはたくさんのストレスを積み重ねています。

そこから一時でも解放されて、

生き物としての感覚に身をゆだねる時間は

とても価値のあるものだと思うのです。



忙しいアタマとココロとカラダを休めて。

自分が、ただ自分として、存在しているだけでいい。

そう感じさせてくれる大切なひとときでした。



私が今まで受けた中で一番印象に残った

エサレン・セッションでも

終わった後、

とても嬉しくて

無駄に歩いたのを憶えています🍀



自分は自分のままでイイんだ💖

そのままでイイんだ…と

思う事が出来ました✨



セッションを受けた時の感覚は

人それぞれ…

全てはその人に委ねられていますが

その一期一会の瞬間に共に在った事を

ただ嬉しく思います♫



えり子さん、ありがとうございました😊